精力剤として使われている成分

日本で購入できる精力剤にはさまざまな成分が配合されています。有名な成分の特徴や効果について知っておくと良いでしょう。
一口に精力剤といってもサプリメントとして流通しているものだけでなく、医薬品や医薬部外品として販売されているものもあります。
薬局やドラッグストアで精力剤を購入する場合、安全性の高い成分で作られているかどうかをきちんと確認しましょう。

有名な精力剤の成分としてはまず、シトルリンが挙げられます。この成分は1930年に日本でスイカから発見されたアミノ酸の1種です。
ヨーロッパでは疲労回復に効果的な医薬品として販売されており、日本では2007年から食品にも使用できるようになりました。
シトルリンは一酸化窒素を生成することで血管拡張作用が得られます。それによって血流が良くなりますし、勃起力がアップするという仕組みです。

アルギニンも精力剤によく使われる成分の一つです。
この成分は体内で合成できる非必須アミノ酸の一種ですが、年齢を重ねるごとに生成量が減少してしまいます。
アルギニンの生成量が減っても生命に影響が出てしまうわけではありませんが、体内環境が老化してしまう原因になります。

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進するという効果があります。そのため若々しい体をキープしたい人には欠かせない栄養素です。
また、血管の拡張作用や血流の改善効果などもあります。
血液中のアルギニンは一酸化窒素の生成に必要であり、一酸化窒素が生成されることで高脂血症や動脈硬化、勃起不全を防ぐという効果が期待できます。

精力剤には亜鉛が配合されていることも多いです。
亜鉛は鉄の次に体内に多く含まれている金属であり、体内では200以上の酵素の構成や反応に関与しています。
ホルモンの合成や分泌の調節、タンパク質の合成などに関わっており、亜鉛が不足すると体にさまざまなトラブルが発生してしまいます。

亜鉛は肉類に多く含まれており、牛肉や豚肉の赤身などから摂取するのがおすすめです。
精力アップのためにサプリメントを利用する場合、過剰摂取にならないように注意しましょう。
また、精子の形成や性欲にも関与しており、亜鉛が不足すると精子の形成に異常をきたす場合もあります。

日本で有名な精力剤

精力剤と一口に言っても、さまざまな商品が販売されています。
精力剤という呼び方はせず、栄養ドリンク、エナジードリンクなどと呼ぶ人もいます。
その中でも、コンビニで売られている精力剤は知名度が高いでしょう。精力アップをしたい男性だけでなく、多くの人が目にするからです。

勃起不全などで悩んでいる男性は自分が抱えている問題を解決しようとさまざまな努力をします。
その結果、かなりマイナーな精力剤に手をのばしてしまうこともあるので注意が必要です。
マイナーな精力剤の中には、怪しい商品も混ざっています。なるべく知名度が高く、定評のある商品を利用するのがよいでしょう。
精力アップに効果がある成分が含まれているということもしっかりと確認しておきましょう。

日本ではマカという食材が有名です。
最近ではクラチャイダムがマカよりも高い効果を持っているということに注目されてきています。
マカやクラチャイダムは成分というよりも食材です。マカを栄養素のうちの1つとして考えている人もいるので注意しましょう。
マカの中にはアルギニン、亜鉛などさまざまな栄養素が含まれていますので、マカをたくさん食べて、その上にアルギニンをサプリメントでたっぷりと摂取したら過剰摂取になってしまうこともあります。
中に含まれている成分についての知識は身につけておくべきです。

そのほかに精力アップに効果がある成分として、シトルリンがおすすめです。
日本で有名な精力剤には、必ずしもこれらの成分がすべて含まれているというわけではありません。
自分が摂取したい成分が含まれているということを確認した上で購入しましょう。
ドラッグストアで売られている商品が安全ですが、しっかりと調べているならネット通販で購入しても大丈夫です。