勃起ができない!デリヘルならどう?

ある時から、急に性的な興奮をしなくなり自分の一物が満足に勃たなくなったり、勃つまでの時間がいつもよりも長くなった方がいます。
本番時にも関わらず途中で萎えてしまったというといった男性の声が、インターネットや医学系のTV番組などで紹介されるときがあります。
それはいわゆる性的不能、つまりはEDという症状にかかった疑いがあります。
これだけでも問題なのに、全ての男性が自覚しているとは限らないという声もよく聞きます。

避けがちな話題ですが、これがあるだけで結婚・出産・育児など夫婦間の関係といったことに悪影響を与える恐れがある以上、卑猥な話題と一瞥せず真剣に向き合うことです。

まず、本当に自分がEDであるかを確認する必要があります。
そのためにも、硬さスケールを紹介します。
これは、米国で開発された簡易チェックツールで、最近、日本版EHSも開発されたので、比較的身近なものになりつつあります。
もちろん、これはあくまで自己的な判断に留まるので、本当に症状を調べたい場合は近くのクリニックを利用することも検討しましょう。

ただ、仮に本当に患っていた場合、単に医者の治療だけでなく、性産業の一つであるデリヘルに目を向けてみることをおすすめします。
実は、プライベートの性行為時に自分が勃たなくなってしまったと自覚して、治療の一環としてのデリヘルのサービスを利用しに来る男性は多いです。
実際、サービス開始早々に実は勃たないと暴露してきたお客さんもいるとコメントしている風俗嬢は珍しくありません。

それでも、お客さんの中には本当に真剣に悩んだ末に来てくれています。
彼女たちも仕事と割り切っている気持ちとは別に、自分のテクニックで相手をどれだけイク快感を与えてあげるか、そしてそれが解決に繋げていけたらといった気持ちも持ちやすくなります。
だから、あまり身構えずにフランクに悩みを打ち明けてサービスに臨むことが一番です。

ただ、お店に来て指名する際の注意点はあります。
それは、今回のようなケースで利用する場合、自己基準よりも高い子は指名しないことです。
これは、自分が想像していた以上にタイプの子だった、綺麗な子で上手く相手をする自信がない、サービス抜きに本気で好きになってしまったといった気持ちが焦りを生み出すなどマイナス面を働かせてしまうからです。
勃起は、身体の疲れだけでなくこういった精神的な面も大きな影響を与えるためなおさらです。
だから、こういった時の対策としては、気持ち半分程度の基準で指名することです。

その方が、緊張することもあまりなくサービスに没頭してイクことができる環境を作りやすいでしょう。
他にも、指名する際は若い女性ばかりに注目しがちですが、少し上の世代の女性を指名することも考えてみましょう。
年の差もあってか、熟練の貫禄さによる安心感とサービス中の気配りとトークの質が高いことが多いからです。

さて、注意点に基づいて指名をしたら後はもう彼女たちと楽しく対話しながら、冷静に楽しいひと時を過ごすことに集中してください。
フェラやパイズリはもちろん、対応可能なオプションを通して、少しでも一物が勃起できるようになっていくことでしょう。
仮に結局上手く勃たなかったとしても、それは一回だけの利用ではダメなレベルになっていると割り切って、継続的な利用をしてみることが重要です。

デリヘルは、単に若い女性から熟女までといった好みの女性との性的欲求のはけ口だけではなく、一種のクリニックの要素もあります。
利用することで、自分の大切にしたいパートナーや子供のためにも繋がりやすくなります。
恥ずかしいと思わずに、ぜひ積極的に利用して自信を取り戻して自分の抱える性の悩みを解決させてください。

デリヘルを利用する際に地元の風俗を利用することに抵抗がある人も少なくありません。
もし店を利用するところを見られたりしては浮気を疑われたりなど関係の悪化に繋がる可能性があります。
そうならない為にも、他のエリアにある風俗店に利用してみましょう。
渋谷の風俗ならサービスの種類も豊富ですし、店数も多いので特定されずに利用することができるでしょう。