バルデナフィルの成分をもつレビトラ

バルデナフィルの成分はEDの原因のPDE-5という酵素の働きを妨害してくれます。
ですので、レビトラは勃起強度したい人にオススメのED治療薬です。
バルデナフィルは水に溶けやすい特徴があるので、3大ED治療薬の中で一番即効性が高いです。

より高い効果を得たい場合は、服用方法に気を付けないといけません。
レビトラは空腹時に服用すると20分ぐらいで効果が現れます。
効果が現れる時間には個人差があるので、性行為の1時間ぐらい前に服用すれば確実に効果を得られるでしょう。
効果は10mgで5時間から6時間ぐらい続くので、早めに服用しても問題ありません。

レビトラには食事の影響を受けにくいという特徴もあります。
全く影響を受けないというわけではないので、食後に服用する場合はできるだけあっさりとした食事にして食べすぎないようにしましょう。
2時間以上は時間を空けないと食べ物を消化できないので良くありません。

レビトラを連続服用したいと考える人もいるかもしれませんが、連続服用は避けた方がいいです。
レビトラを服用した場合、次に服用できるのは24時間以上経ってからです。時間を空けないといけない理由は副作用にあります。
副作用には頭痛や顔のほてり、鼻づまりなどがありますが、時間を空けずに連続服用すると強い副作用が現れる場合があるので良くありません。

服用する時には飲み物にも注意が必要です。
レビトラはお酒で服用しても問題ありませんが、お酒は少量にしましょう。大量に飲んでしまうと効果が弱くなってしまいます。
ジュースでも服用できますが、グレープフルーツジュースで服用してはいけません。
グレープフルーツに含まれている成分によってレビトラの吸収率を高めてしまうので危険です。
吸収率が高まれば、効果だけではなく副作用も強くなってしまいます。ですので、用法用量は守らないといけません。

レビトラにはスノビトラやビリトラ、ジマトラなどのジェネリック医薬品があります。

レビトラのジェネリックとは

レビトラのジェネリック医薬品にはスノビトラやビリトラ、ジマトラなどがあります。
ジェネリック医薬品は主にインドの製薬会社が製造しており、価格は非常に安価です。
レビトラと同じ有効成分のバルデナフィルを含んでいるので、ペニスを勃起させる強い効果があります。
バルデナフィルは即効性があるため、短時間で勃起強度を高めることができるのが特徴です。
同じ有効成分を含むスノビトラやビリトラ、ジマトラなどのジェネリック医薬品も同様の効果を期待できます。

レビトラは即効性があり食事の影響を受けにくいため人気があります。
世界中に愛用者が存在することから、インドでは様々なジェネリック医薬品が製造されてきました。
レビトラは世界で2番目に開発されたED治療薬です。
ドイツの製薬会社が開発し、2003年に販売が開始されました。日本でも2004年に承認されています。
レビトラのインド製ジェネリック医薬品には様々な種類があります。しかし現在バルデナフィルを含む製品は製造されていません。

これまでインドではスノビトラやビリトラ、ジマトラなどバルデナフィルを含むジェネリック医薬品の製造が行われてきました。
インドでは製法特許のみが認められており、成分特許が認められていません。
製法を変更すれば自由にジェネリック医薬品を製造できます。
しかしドイツの製薬会社がバルデナフィルを含む製品の製造と販売の中止を求めてインドで裁判を起こしました。
2017年1月にインドの裁判所は製造中止を決定しましたが、販売中止は認められていません。そのため在庫品の輸出が続いています。

レビトラにはスノビトラやビリトラ、ジマトラなどインド製の安価なジェネリック医薬品が存在します。
個人輸入代サイトを利用すれば日本からも購入できます。
ただしバルデナフィルを含むインド製のジェネリック医薬品は製造中止となっているため、将来的には販売中止になる予定です。
現在は在庫品の販売が続いています。インド製のジェネリック医薬品を使用すれば、少ない費用でED治療ができます。