タダラフィルの成分をもつシアリス

シアリスが勃起不全に効果がある理由は、勃起不全の原因であるPDE5を阻害する働きがあるPDE5阻害薬だからです。
そのため、シアリスには自然な勃起を促す効果があります。
有効成分はタダラフィルです。

シアリスは持続時間が長いのでとても人気があります。
持続時間が長い理由は、有効成分のタダラフィルが体にゆるやかに吸収されるからです。
ですので、服用するの性行為の3時間前ぐらいがいいです。持続時間は長い場合だと36時間だと言われています。

食事の影響をほとんど受けませんが、できるだけ空腹時に服用した方が効果を発揮できます。
食事をする時はグレープフルーツは控えた方がいいです。
服用した後に食事をする場合は、30分以上は間隔を空けないと成分がうまく吸収されないので注意が必要です。

アルコールは飲んでも問題ありませんが、少量に抑えないといけません。
なぜかというと、アルコールには精神安定作用だけではなく、神経伝達を鈍らせる作用もあるからです。
ですので、アルコールを飲み過ぎると性的な刺激がうまく伝達されず、勃起が不完全だったり全く勃起しなかったりする場合があります。
そうならないためにも、正しい服用方法を守りましょう。

シアリスの主な副作用はほてりや消化不良、頭痛などです。臨床試験では筋肉痛や背痛も確認されています。
鼻水や鼻づまり、下痢やめまいなどが起こる場合もあり、ごく稀に眼痛や結膜炎なども報告されています。
軽い副作用なら体への影響は少ないのでそんなに心配する必要はありません。
副作用があまりにもひどい場合はすぐに医師の診断を受けましょう。

シアリスの使用期限は箱に書かれています。
箱のまま処方された場合は使用期限が分かりますが、シートの場合もあるので気を付けましょう。
シートの場合は事前に使用期限を聞いておかないといけません。使用期限は基本的に処方された日から大体2年です。
ですが、箱を見ないといつ製造されたものなのか分かりません。シアリスにはメガリスなどのジェネリック医薬品もあります。

シアリスのジェネリックとは

シアリスのジェネリック医薬品であるメガリスは、先発品のシアリスと同じく有効成分にPDE5阻害薬のタダラフィルを含有します。
有効成分が同じなので、効果・効能や服用方法、服用することによって現れる副作用などもほぼ同じです。

シアリスは、欧米諸国などではウイークエンドピルの愛称で親しまれて大変人気が高くなっています。
ウイークエンドピルというのは、1回服用しておけば週末の性生活をたっぷり楽しめるほどに効果が長続きするという意味です。
シアリスのジェネリック医薬品であるメガリスも、ウイークエンドピルとして効果を発揮します。
シアリスと同じく、有効成分のタダラフィルが体内でゆるやかに吸収されて血中濃度が長時間維持されるからです。

タダラフィルは、PDE5阻害薬として勃起現象を終息させる体内酵素のPDE5酵素の作用をブロックします。
シアリスを服用したからといってその効果が持続している間中ずっと勃起が続くわけではないように、ジェネリック医薬品のメガリスも自然な勃起を促す薬です。

血管の拡張と血流量の増加に作用する医薬品であるため、シアリスには顔面のほてりや紅潮、頭痛などの軽微な副作用が見られます。
有効成分が同じなので、ジェネリック医薬品のメガリスの副作用も同期や頭痛などシアリスと同じです。

服用方法も、先発品のシアリスと同じく性行為の時間がわかっていれば3時間前くらいが適しています。
メガリスの規格はいくつかありますが、効果の持続時間が長いものでは1日半ほど続きその間食事も可能です。
空腹時に服用し、服用後は30分以上おけば薬の効果に影響少なく飲食できます。

シアリス同様に、ジェネリックのメガリスも飲酒との相性が比較的よいED治療薬です。
ただし飲み過ぎると勃起に関わる神経伝達が鈍る可能性がありますので、少量に抑え正しい服用方法を守る必要があります。