シルデナフィルは世界で最初に開発されたED治療薬であるバイアグラの有効成分です。
即効性があり空腹時に服用すると約30分でペニスが勃起し始めます。
日本では特許期間が満了していることからジェネリック医薬品が製造されています。
バイアグラは世界的に人気のあるED治療薬なので、カマグラなど安価なインド製ジェネリック医薬品も存在します。
バイアグラは知名度が高く世界シェアが最も多いED治療薬ですが、ジェネリック医薬品を利用すれば費用を抑えてED治療ができます。

シルデナフィルはどのような効果?

デートをして元気な男性 男性は性的な刺激を受けると血液中の一酸化窒素濃度が高まります。
血液中の一酸化窒素が増えると血管が開いて血流が促進されます。
さらにサイクリックGMPと呼ばれる物質が血液中に放出されて平滑筋が弛緩します。
サイクリックGMPは天然の血管拡張剤で、平滑筋を弛緩させ海綿体への血流を増やしペニスを勃起させます。
射精後はPDE5と呼ばれる酵素がサイクリックGMPを破壊して平滑筋を緊張させ勃起が終わります。

ペニスの勃起はサイクリックGMPとPDE5のバランスによってコントロールされています。
精神的・肉体的な原因によりPDE5が増え過ぎると、サイクリックGMPが減少し勃起が困難となります。
シルデナフィルにはPDE5の働きを阻害する効果があります。
PDE5の働きが阻害されるとサイクリックGMPが増えて平滑筋が弛緩し、海綿体に血液が流入してペニスが勃起します。
勃起不全の治療薬には基本的に同様の効果がありますが、特にシルデナフィルは即効性が大きな特徴です。

食事の影響は受けやすい?

シルデナフィルは食事の影響を受けやすいため、空腹時に水かぬるま湯で服用します。
少量のアルコールで服用することも可能です。
アルコールには気分をリラックスさせる効果があるので、少量であればシルデナフィルの働きを助けます。
過度に飲酒すると酩酊状態となり性行為が困難となるため注意が必要です。
また服用後は血管が拡張されて酩酊しやすくなっており飲酒を控える必要があります。
空腹時にシルデナフィルを服用すると、約30分で効果が現れます。

服用のタイミングとは?

シルデナフィルは服用後約1時間で血中濃度が最大となるので、性行為の1時間前に服用するのが基本です。
食事の影響を受けやすいため、食後に服用する場合は消化するまで一定時間待つ必要があります。
軽い食事を摂った場合には2時間ほど待てば服用できますが、ファーストフードなど脂肪分の多い食事を摂った場合は6時間から7時間ほど待ちます。
こちらではさらに細かくバイアグラの正しい飲み方を紹介しています。服用を考えている方はチェックしておいて損は無いでしょう。

副作用はどんな症状?

シルデナフィルは正しく服用すれば短時間でペニスを勃起させる強力な効果を実感できます。
一方で軽いめまいや頭痛、顔のほてり、鼻づまり、消化不良などの副作用も存在します。
シルデナフィルは即効性があるため副作用を発症しやすく、服用した患者の9割以上に軽いめまいなどが現れます。
ただし副作用はいずれも基本的に軽く、発症しても数時間すれば自然に回復します。
長時間にわたって回復しない場合には、医師に相談する必要があります。

バイアグラが世界で利用されている理由

バイアグラについてパソコンで調べている男性 バイアグラは世界で最もシェアの多い勃起不全の治療薬です。
世界中で多くの人びとから愛用されている理由には様々なものがあります。
まず世界で最初に開発されたED治療薬なので、知名度が高く実績がある点を挙げることができます。
バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは1990年代前半にアメリカで狭心症の治療薬として研究・開発が始まりました。
1998年にはアメリカで、1999年には日本で販売が開始されています。

バイアグラは世界で最初に開発されたED治療薬なので、長い歴史と実績があり安心して利用できます。
また即効性があるという点も世界中に愛用者が存在する理由の1つです。
バイアグラは空腹時に服用すると約30分でペニスを強力に勃起させる効果を実感できます。
短時間でペニスを勃起させたい人には最適なED治療薬です。
また日本国内ではED治療が自由診療とされており高額な必要が必要ですが、バイアグラは他のED治療薬と比較すると価格が安いという特徴があります。

バイアグラの価格について

バイアグラには25mgと50mg、100mgの錠剤が存在します。100mgは日本国内では未承認なため流通していません。
利用するには海外からの個人輸入手続が必要となります。
病院でバイアグラを処方してもらう場合の1錠あたりの価格は、25mgが約1300円で50mgは約1500円です。
他のED治療薬では一般的に10mgや20mgの錠剤が使用されますが、10mgの錠剤の1錠あたりの価格が1500円から1700円ほどです。
バイアグラは他のED治療薬と比較すると価格が多少安いというメリットがあります。

効果の持続時間とは

バイアグラを服用すると用量に関わらず効果が約5時間持続します。気軽にED治療薬を利用したい場合に最適なED治療薬です。
有効成分のシルデナフィルには副作用も存在しますが、症状は軽いため基本的に問題はありません。
様々な理由からバイアグラは世界中で多くのED患者に愛用されています。
日本国内では特許期間が満了しているのでジェネリック医薬品が製造されており、価格は50mgの錠剤が1錠あたり約1000円です。
さらにカマグラなどインド製の安価なジェネリック医薬品も存在します。

バイアグラは世界的に多くの愛用者がいるED治療薬です。ジェネリック医薬品の多くはインドで製造されています。
カマグラなどインド製のジェネリック医薬品を利用すれば、バイアグラを病院で処方してもらう場合と比較して大幅に費用を下げることができます。

バイアグラは早漏に効く?

バイアグラにはカマグラなどインド製の安価なジェネリック医薬品が存在します。
インド製のジェネリック医薬品はインド政府から承認を受けて製造されており、安全性が優れているので人気があります。
カマグラには錠剤タイプの他に発泡錠タイプやチュアブルタイプ、ゼリータイプなどが存在します。
シルデナフィルの他にダポキセチンが含まれているタイプもあり、性行為の際に射精までの時間を長くすることができます。

ED患者の多くは射精までの時間が短いという悩みを抱えています。
ダポキセチンが含まれるタイプのジェネリック医薬品を利用すれば、勃起不全だけでなく射精までの時間も同時に改善できます。
カマグラの錠剤タイプにはカマグラゴールドと呼ばれる製品も存在しますが、両者は基本的に同じものです。
インド国内ではカマグラという名称で販売されています。
日本など海外にはカマグラゴールドという名称で輸出されており、通販サイトを利用すれば個人輸入できます。

インターネット上には海外からの医薬品の個人輸入を代行する通販サイトが多数存在します。
カマグラなどインド製ジェネリック医薬品は、日本国内で未承認とされています。
未承認の医薬品の輸入・販売は基本的に禁止されていますが、個人的な使用を目的とする場合は合法的に輸入できます。
また個人輸入手続の代行も合法とされています。
カマグラなどインド製のジェネリック医薬品は価格が非常に安いため、個人輸入すれば費用を大幅に抑えてED治療ができます。

インドでは製法特許が認められていますが、成分特許は認められていません。
製法を変更すればシルデナフィルを含むジェネリック医薬品を自由に製造できます。
カマグラには発泡錠タイプなど様々な種類が存在します。
バイアグラの有効成分であるシルデナフィルにはペニスを勃起させる効果はありますが、射精までの時間を延長する効果はありません。
しかしカマグラのようなジェネリック医薬品には、射精までの時間を長くするダポキセチンを含むものが存在します。

バイアグラはペニスを勃起させることはできますが、射精までの時間は延長できません。
一方シルデナフィルだけでなくダポキセチンを含むインド製のジェネリック医薬品を利用すれば、ペニスを勃起させて射精までの時間を延長できます。
インド製のジェネリック医薬品は価格が安く様々な種類があるため、効率的なED治療が可能となります。